ワイモバイルルーター

ワイモバイルルーターの徹底比較!

ワイモバイルのルーターを徹底比較!ワイモバイルは店頭で購入するよりもお得に契約する方法がありました。それはワイモバイルのMVNOが実施しているキャンペーンを使うことです。そこで今おこなわれているキャンペーンを網羅しました。

ワイモバイルのポケットWi-Fiを実際に使ってみての感想

読了までの目安時間:約 3分

 

ワイモバイルとは、実際使ってみてどうか?の観点から ワイモバイルのネット回線のみに絞り込んで書いてみたいと思います。
ネット回線ですので当然 ポケットWIFIについて 実際に利用してみた感想から述べたいと思います。
このポケットWIFI 速度に関して言うと、悪くない。実際 筆者も利用しているが、動画の閲覧、動画のダウンロード等光回線とさほど差を感じさせない。

普通に使う分には 全く問題ない速度が出ているようで、ワイモバイルはその電波のエリアも広い。これは一つの強みであろう。
そして肝心の 料金ですが 月額3696円、これは競合他社に比べて割り高に思える。筆者は ウィルコム時代に契約した為、2900円前後で使っているので、多少安く利用できているが、料金が高いだけの価値があるのか?

競合しているといっても、2年縛りは競合他社同様で ワイモバイルに限った事ではないが、この2年縛り、NTTドコモの訴訟事件も記憶に新しい。
どこの競合他社と契約しても、ワイモバイルも同様 2年縛りがあるのは念頭において置きたい。
では 本当に月額、3696円出して、2年間利用する価値があるのか?
これは ユーザーにより様々だと思う。

ワイモバイルの場合は 利用の上限が7Gとなっている。7Gを超えると速度が低速化されるわけである。では低速化されるとどうなるのか?
全く使い物にならなくなります。ウィンドウズのアップデートやスマホアプリのアップデートも出来なくなる速度まで落とされてしまいます。
パソコンからですとネットの閲覧程度にも支障が出るほどです。
さらに ワイモバイルを利用する上で知っておいて欲しいのが、通信制限と言う言葉である。
本来 利用規約に書いてある。書いていない。で 少し前に問題になった事がある。

この通信制限、3日間の合計利用通信料が 1Gに達すると 3日間通信速度が低速化される。つまり全く使い物にならなくなる。
さらに 1日300MG利用で 夜9時〜翌朝6時まで同じく 通信制限が入る。
実際利用していると、思った以上に不便に感じる事が実際 多くある。
なれてくると 通信料を計算しながら上手に使えるのであるが、動画を多く見たり ネットで作業するような ヘビーユーザーには正直向いていない。
これは ワイモバイルに限った事では無いようなので、競合他社と比べた上で、判断するのが賢明と言えよう。

 

ワイモバイル   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
TOPへ戻る